梅の香りに酔いしれる。京都の「城南宮」は梅が見事!

3月の初旬に京都に行ってきたのですが、一人旅だったので、実はノープランの旅でした。

当日の朝、「どこいこうかなー。今だったら梅が咲いてるのかな。晴れてるし、梅でも見にいくか!」

と検索し、枝垂れ梅いいな。しかも10時から神楽が!?とその時の時間は9時。

これは急がねば!と行き当たりばったりで城南宮に行ってきたのですが、これがもうね。。

すごくよかった!!

人生で一番の梅でした。

しかも前日まで雨だったのにこの日は快晴!絶好の梅のお花見日和。

城南宮の鳥居

鳥居はこんな感じ。ここから参道を通って参拝します。

地下鉄・近鉄の竹田駅から徒歩か市バスでいくことができます。

神楽って?

城南宮に参拝にいく決め手ともなった神楽ですが、その名は梅にちなんで「梅が枝神楽」と言います。

期間限定で、春は2019年だと、2月18日~3月22日まで行われており、

時間は平日は午前10時、土・日・祝日は午前10時と午後3時のようです。

この記事を書いている頃には終わっていますね。。

でも梅の季節の他に、藤と菊の季節にも行われているようです。

巫女神楽が行われる時期

城南宮 2019年の巫女神楽

梅が枝神楽  2月18日~3月22日(平日:午前10時。土・日・祝:午前10時,午後3時)
藤の巫女神楽 5月1日~5月6日,11日,12日,18日,19日,25日,26日(午前10時,午後3時)
菊の巫女神楽 9月1日,7日~9日,14日~16日,21日~23日,28日,29日(午前10時,午後3時)

詳しくは、城南宮の公式ホームページにも載っています。
城南宮の梅が枝神楽
当日の9時に知ったので、あわてて向かいましたが、着いたのが梅が枝神楽が始まる10分前!セーフ!!
もっと人が多いかもしれないと思ったのですが、平日だったからか、そんなに多くありませんでした。
もしかしたら、穴場かもしれませんね。

梅の花守り、特別授与

人も多くなかったので、「梅の花守り」という美容健康と招福を祈願した花守り受けることに。
美容と健康と福の祈願ですよ!オトナ女子としては、しないわけがありません!!
特別授与で初穂料が1000円ですが、巫女さんが一人一人、神楽鈴でお祓いしていただけます。
花守り特別授与の様子
リンリンリンと心地よい鈴の音が。
邪気が払われて、心が澄んでいっている気がします。

しだれ梅が咲きほこる、神苑内・春の山へ

梅の花守り」を授与していただいたら、いよいよしだれ桜を見に神苑へ。

拝観料がありますが、それももう終わっていますが、次回のメモとして載せておきます。

拝観料:大人600円,小・中学生400円,障害者手帳を提示の方300円
※団体20名以上の場合,大人500円,小・中学生300円
拝観時間:午前9時~午後4時30分(受付:午後4時終了)

入り口を通り、小道を抜けると、いよいよ150本のしだれ桜が登場です。

150本ですよ!もう圧巻の景色が広がっていました。

そしてむせかえるような梅の香り!

梅の香りは嗅いだことはありますが、どれも梅の花にすごく近づいてではないと匂ってはこない感じでした。

なのに、城南宮の神苑は、酔いしれるほどの梅の香り!!思わず深呼吸してしまいます。

福岡にも、太宰府天満宮という梅の名所がありますが、ここまで密集しているわけではないので、ほんのりと薫といった具合です。

城南宮のしだれ梅

はー、綺麗!綺麗すぎます。150本のしだれ梅が満開です。

城南宮のしだれ梅

近ずくとこんな感じ。可愛らしい梅たちが見事に花開いていますね。

城南宮の小川にある苔

神苑内には、小川があり、そこの苔に落ちる梅の花びらが可愛くて!思わずパシャり。

城南宮のしだれ梅の花びら

花びらもたくさん落ちていて、ピンクの絨毯みたいになっていました。

150本のしだれ梅が咲きほこる、「春の山」と通り過ぎると、今度は椿を見ることができます。

城南宮の椿

梅と椿を同時に見れるなんて、なんて贅沢!

しかも!

城南宮の椿と苔

苔の上に落ちた椿も見ることができるんです!

濃い緑の上に落ちた鮮やかな赤。とても綺麗ですね〜。写真だと伝わりにくいですが、実際はもっとしっとりとしたグラデーションがある苔です。

なんだか侘び寂びを感じます。

いや〜、日本人に生まれて良かった!とひしひしと感じたひと時でした。

梅の季節の他にも、藤と菊の季節にも巫女神楽が行われているようですし、

城南宮の公式ホームページを見ると、まだまだ色々な行事が行われているようです。

福岡県民としては、太宰府天満宮にも関係のある、「曲水の宴」がきになるところです。

きっと、雅なんでしょうね〜

ぜひ、他の行事にも行ってみたいです!

城南宮の場所・行き方

神社名:城南宮
住所京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
電話番号:075-623-0846
神苑拝観時間:午前9時~午後4時30分(受付:午後4時まで)
最寄りの駅:近鉄・地下鉄「竹田駅」(徒歩15分ほど)京都駅八条口から直通バスが出ています。(約15分)
バスの時刻表や路線図などは、城南宮の公式ホームページに記載されています。

※2019年4月の時点での情報です。

おまけ

城南宮の梅

はじめの写真ですが、このしだれ梅は巫女神楽が行われた建物の近くの梅です。

どこかに小鳥がいます。鶯かメジロかな?

さて、どこにいるでしょう?

簡単すぎかな?